HOME>トピックス>賃料が唯一の収入源

賃料で利益を生みだす素人の不動産投資

中高年にならない若者でも将来の生活に様々な不安を覚える人の多い社会ですから誰もが少しでも自分の資産を増やしたいと考えています。こうした世相を見透かすように大都市圏の駅周辺には不動産会社のワンルームマンション投資の宣伝、広告が目立ちます。金融機関もマンション投資資金を融資してくれるので、自己資金不足でも気軽にローンを組んでワンルームマンション投資に向かう若者も少なくありません。しかしながら、不動産投資は株式やFXと違って年数をかけて投資資金を回収する投資方法です。物件を絞って投資を始める前に収支計算を厳しいくらいにしっかり行わないと成功のおぼつかない投資だと言われています。

厳しい収支計算で利益の出ることの確認

もちろん、不動産会社が表面利回りを示して買い気をそそってくるので、その数字を鵜呑みするようでは成功がおぼつかないようです。ワンルームマンション投資の唯一の収入源である賃料収入から維持管理費と損害保険料を控除し、更にローン返済分の他に固定資産税と都市計画税等、租税公課を控除してやっと税引き前利益が算出されます。

長期間かけて利益を求める不動産投資

また、ワンルームマンションは築年数経過とともに資産価値が減少していくので、税引き前利益から税金と減価償却分を控除してやっと最終利益が出るわけです。この収支計算では物件の空室率をどの程度見込むかが最大のポイントで、利益が出るか、否かの分かれ目になります。また、賃料も築年数経過とともに下がっていく傾向を見込まないとワンルームマンション投資の利益が狂ってしまいます。

広告募集中