HOME>オススメ情報>タイミングを考える時は土地と建物価値を考えることを

銀行の融資を考える

住宅模型

収益物件を購入する時は売却するタイミングを考える必要があります。収益物件によって売却時に何を行うかは異なります。賃貸アパートなどは売却時に解体することもあります。解体するとその土地を駐車場にできたりします。賃貸アパートは収益率も良くて解体費用も安いので、賃貸アパート経営から不動産投資を開始する人は多いです。収益物件の売却のしやすさは銀行融資に影響されます。ほとんどの人は銀行から借り入れをして不動産を購入します。銀行融資が盛んな時は投資家が増えますので、売却がしやすくなります。不動産投資をする時は銀行の融資体制がどのように変化するかを考える必要があります。

土地価格の変動を

家の模型とお金

収益物件の売却をする時は、税制のことを考える必要があります。売却する時も税金がかかりますし、仲介手数料なども発生します。収益物件の売却タイミングを考える時は建物の築年数を考える必要があります。築後10年が経過すると建物価値は大きく下がります。不動産の価値は土地価格と建物価格からなります。土地価格がどのように変化するかで、不動産の価値は異なります。建物価値と異なり土地価格は時間が経つと上昇することもあります。

そのタイミングを

女性

収益物件の売却タイミングを考える時は周囲のライバル物件のことを考える必要もあります。駅に近い利便性が高い地域は収益物件が多くて、ライバル物件が多いです。周囲にライバル物件が増えてくると、競争率が高くなり入居率が下がることもあります。ライバル物件が増えてきたタイミングで、物件の売却を考える人は多いです。建物価値が急激に落ちる前に、売却を検討することは多いです。周囲の利便性が高まり需要が高くなるタイミングで収益物件を売却する場合もあります。

広告募集中